【知ってビックリ!】引越し 単身料金は安いのはどこ?

単身の安い引越し方法は?

単身者の引越しは安いと思って、楽観的に考えていると大変なことになります。

 

単身者の場合でも荷物がおおければ引越し費用は高くなりますし、距離によっては追加料金を取られることもあるでしょう。

 

また単身者の引越しは引越しをする時期によって大幅に料金が異なってきます。
賢く引越しをするためにはどうすればよいでしょうか?

 

↓↓↓【知ってビックリ!】引越し 単身の安い業者はどこ?↓↓↓

 

安い単身の引越し方法についてご紹介しましょう。

 

どうして遠距離の引越しは高くなってしまうの?

 

基本的に引越し費用は荷物の量、作業員の人数、移動距離、トラックの大きさなどによって決まると言われています。

 

県外など長距離の引越しの見積もりを見てみると、特に大手引越し業者などは30〜40万円程度の金額を提示してくるところも少なくありません。

 

県外への引越し費用が高くなる理由として、まずは遠距離による交通費アップが考えられます。

 

長い距離を走ればもちろんその分ガソリン代がかかりますので燃料費がアップします。

 

また高速道路を使いますので、高層道路代もかかってしまうのです。さらに県外での引越しの場合、搬出した当日に搬入するというのは無理があります。搬出した日の翌日、もしくは翌々日になってしまう場合もあるでしょう。

 

そうすると作業スタッフを拘束する時間も長くなってしまいますので、必然的に人件費がアップしてしまうのです。

 

単身者にお得なプランを使用

 

単身者で遠距離の引越しをする場合には、単身パックや混載便を使用すると引越し費用を安くすることができるでしょう。

 

混載便とは自分の荷物以外にも他の人の荷物と一緒に輸送してもらうことで引越し費用を安くする方法です。

 

到着日や時間の指定をすることはできませんがかなり費用を抑えることはできるでしょう。

 

単身パックは日通やクロネコヤマトなどが提供しているプランになります。

 

専用のボックスに荷物を入れて、宅配便のように送ってもらうプランになります。荷物が少ない人であればかなり安い値段で県外など遠距離の引越しをすることができるでしょう。

 

単身者ならではの引越しプランは意外と多くありますので、各業者のプランをチェックして費用を比較してみると、安いプランが見つかりやすいですよ。

 

各引越し業者の単身パックの相場表です

 

引越し単身パック(大)

引越し単身パック(小)

BOXサイズ

料金

BOXサイズ

料金

日通

1.88m3

18,900円

1.23m3

17,850円

クロネコヤマト

1.83m3

14,700円

1.40m3

13,650円

アート引越しセンター

1.85m3

16,300円

1.35m3

14,500円

アリさんマークの引越社

1.87m3

17,900円

1.38m3

14,800円

アーク引越しセンター

1.86m3

16,700円

1.36m3

14,450円

ハトのマークの引越しセンター

1.85m3

15,800円

1.28m3

13,800円

引越しのサカイ

要見積もり

要見積もり

 

一人暮し・単身赴任の料金相場目安

同一市内・近距離
3万円〜5万円前後 
一人暮し対応の荷物一式

 

同一県内の中近距離
3万円〜8万円前後 
一人暮し対応の荷物一式

 

県外の遠距離
5万円〜15万円前後

 

↓↓↓【知ってビックリ!】引越し 単身の安い業者はどこ?↓↓↓

 

引越し見積もり一括サイトの利用

 

 

単身者、家族どちらの遠距離引越しの場合もまずは引越し見積もりをたくさんもらうことが重要になります。

 

見積もりをたくさんもらうとどこの業者が料金を安く設定しているのかが一目瞭然です。

 

安い業者だけをピックアップして値下げ交渉をすれば遠距離引越しの場合でも値下げしてくれる可能性はあります。

 

引越し見積もり一括サイトを利用すれば1度の入力で10社程度の見積もりを簡単に取ることができるでしょう。
サイト自体も無料で利用できるので引越しの際にはぜひ利用したいですね。

 

午前便よりも午後便を利用した方がお得

 

引越しをする際に土日などの休日をチョイスしたり、3〜4月などの引越しハイシーズンに契約してしまったりすると金額を抑えることはできません。

 

できるだけ安くしたいのであれば平日便でオフシーズン、さらに午前便よりも午後便を利用するとよいでしょう。

 

午前便の場合、朝8〜9時頃から引っ越し作業をはじめます。基本的には12〜13時程度で終了すると言われています。
その後搬入先へと搬出してしまうのです。

 

次に午後便です。午後便は午前中の間他の案件を行っていたスタッフが、午後になって時間があまったために引越し作業を行ってくれるプランになります。

 

近距離の引越しであれば、移動距離は短いですので午後便にしても、ラクラクその日中に荷物は届くでしょう。

 

午前便から午後便に変更するだけでも、見積もり価格からグッと安くしてくれる可能性が大きいですよ。

 

引っ越し業者は大手と中小どっちがよいの?

 

引っ越し業者一括見積もりサイトには、大手引っ越し業者もいれば中小の業者もあります。

 

大手の引越し業者のメリットとデメリット

 

大手引っ越し業者のメリットといえば、オプショナルサービスが充実している点、知名度が高いので安定性がある、評判や口コミをチェックしやすいなどがあります。

 

デメリットとしては広告費などもかかっているのでどうしても引っ越し費用が高めに設定されています。

 

中小の引越し業者のメリットとデメリット

 

一方中小の引っ越し業者の場合、メリットとしては大手引っ越し業者よりも価格が安くコストパフォーマンスに優れている点でしょう。

 

安さで選ぶのであれば間違いなく大手よりも中小を選びましょう。

 

サービス内容や対応に関しては、いいところもあれば悪いところもあるので一概には言えませんが、きめ細やかなサービスをしっかりとしてくれるところもあります。

 

一括見積もり無料サイトでは一度の請求で10社から見積もりをもらうことができます。

 

料金だけでなく、特典やサービス内容、オプションなども細かくチェックしてから、どこの業者を利用するのか考えるとよいでしょう。

 

ある程度絞った段階で訪問見積もりをお願いします。訪問見積もりをお願いする業者は2〜3社にとどめておく方が、時間のムダにはなりませんよ。

おすすめ引越し一括見積もりサービス!|引越し 単身料金は安いのはどこ?

おすすめ引越し一括見積もりサービス!|引越し 単身料金は安いのはどこ?

 

お勧め その1 まずはここから

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

簡単に一括見積もりができて

全国160社もの提携企業の中から最安値を探せます。

 

お勧め その2 ここも抑えよう

見積もり比較で最大50%安くなることもある引越し価格ガイド

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば
驚くほど安い金額で引越しができることも。

 

お勧め その3 ここも忘れずに

業界初!ただで運ぶゾウは無料で引越し

営業電話が一切かかってこないのでわずらわしさもありません。

やり取りはすべてチャット! 値切り交渉も気楽にできます。