単身者の引越し費用を安くする方法

単身者の引越し費用を安くする方法

単身者の引越しをできるだけ安くするためにはまずは見積もりをとることが大切です。

 

見積もりをとらなければ単身者の引越し費用の相場は見えてきません。

 

できるだけ安く引越し費用を抑えたいという単身者の人におすすめの方法をご紹介しましょう。

 

↓↓↓【知ってビックリ!】単身の引越し費用を安くするならココ↓↓↓

 

同一市内での引っ越し費用の相場とは?

 

同一市内の引っ越しの移動距離は5〜20キロ以内になる場合がほとんどです。

 

あまりに近い引っ越しのため、どれくらい費用がかかるのかイマイチ想像できない人も多いでしょう。

 

近距離での引っ越しになるのでそれほど金額は高くないと思っていたら、見積もりの金額は10万円を超えていた!というケースもあります。

 

まずは同一市内の引っ越し費用の相場を知っておくことが重要になります。

 

今回は同一市内での引っ越し費用についてご説明しましょう。

 

同一市内での引っ越し費用の相場を知ろう

 

引っ越し費用は荷物の量、作業員の数、移動距離によって価格が決定します。

 

同一市内であれば移動距離は安くすみます。残りは荷物の量と人件費になります。

 

今回は単身者と家族が同一市内へ引っ越しをした際の費用について考えてみましょう。

 

また通常期と繁忙期では金額も大きくことなりますので、この2つで比較をしてみます。通常期は5月〜2月、繁忙置きは3月〜4月と設定しています。

 

単身者の同一市内の引越しの場合

 

まずは荷物の少ない単身者の場合です。

 

この場合荷物が少なく、作業員も1名でOKですので、通常期であれば3〜4万円、繁忙期であっても4〜5万円での引っ越しが科可能です。

 

単身者でも荷物が多い人や、新婚さんなどの2人暮らしの引っ越しでは、通常期が5〜7万円、繁忙期が6〜10万円前後と言われています。

 

家族の同一市内の引越しの場合

 

3人家族では通常期が10万円前後、繁忙期は10〜12万円です。
4人家族では10〜12万円、繁忙期では13〜15万円になります。

 

引っ越し費用は基本料金以外にも、エレベーターの有無なども関与してきます。
またオプショナルプランをつけると値段は高くなってしまうでしょう。

 

同一市内の引越し料金の相場をチェック

 

 

時期 単身(荷物少) 単身(荷物多) 2人家族 3人家族 4人家族
通常期 約3.5万円 約4.5万円 約7万円 約9万円 約11万円
繁忙期 約4.5万円 約5万円 約9万円 約11万円 約13円

 

引っ越し業者は早く決めなければならない

 

この費用相場よりもできるだけ安く引っ越しをすませたいという場合にはいったいどのような方法があるのでしょうか?

 

まず大きなポイントとして引っ越し業者はできるだけスピーディー決めることが大切です。

 

引っ越し業者の選定をすぐにやらなければ引っ越しまでの時間はあっという間に過ぎてしまうでしょう。

 

まずは複数の引っ越し業者から見積もりももらいます。
この際に引っ越し一括見積りサービスを利用するとよいでしょう。

 

同一市内での引っ越し費用の相場を知るためにも一括サイトで複数の業者から見積もりをもらうことはもはや当然の行為とも言えます。

 

一括見積もりサイトを利用する時にはいくつかの項目を入力しなければなりません。

 

例えば住所、郵便番号、引っ越し先の住所、現在の建物のタイプと、新居の建物のタイプ、引っ越し希望日や荷物がどれくらいあるのかを入力すればOKです。

 

また携帯電話やメールアドレスを記入する欄があるのですが、パソコンを使用することができない状況では携帯電話でのやりとりの方が楽ちんですし、スムーズなので連絡先には携帯番号や携帯のメールアドレスを登録していれば、すぐに連絡できるので楽ちんですよ。

 

↓↓↓【知ってビックリ!】単身の引越し費用を安くするならココ↓↓↓

 

 

見積もり同士で安い価格を比較して値下げ交渉をしよう

 

見積もりを複数社とった場合、どこの業者が安いのかを一度確認してみましょう。

 

最安値を出してくれた業者名はきちんと確認しておくようにしましょう。

 

また業者の中には見積もり請求をすると電話がかかってきて、見積もり下見をしておきたいという人がいます。

 

自宅に引っ越し業者が来ると、そこで即決して欲しいと業者側からすると思いますので十分に気を付けなければなりません。

 

即決してしまうと値下げをする前に購入したことになりますので意味がありません。

 

もしも自宅に来て引っ越し見積もりをとってもらう場合には、最後の最後に行うようにしましょう。

 

特に本命の業者は自宅に来てもらうのは最後の方がよいでしょう。

 

自宅に来てもらったら提示された金額では納得してはいけません。

 

必ず5000円〜1万円は安くすることが可能になっています。

 

業者側に馬鹿にされないようにしっかりと引っ越し費用の見積もりはチェックしていきましょう。

 

言葉で値下げ交渉をするのは難しい、言いくるめられてしまいそうという場合には、無言でつらぬくのもよいでしょう。

 

引っ越し見積もり一括サイトの利用

 

同一市内の引っ越しの場合、距離も短いので引っ越し業者に頼まなくてもなんとかなると考えている人はいませんか?

 

距離が長くても短くても、行く場所によっては変わらないことが多いです。

 

まずは引っ越し料金の見積もりをとってもらうことが重要になります。

 

引っ越し見積もり一括サイトは、大手引っ越し業者だけでなく、中堅どころの引っ越し業者まで一斉に引っ越し見積もりを得ることができます。

 

10社程度見積もりを取れば、どの業者が、引っ越しにかかる費用が高いのか?低いのか?が分かるでしょう。

 

引っ越し見積もり一括サイトの中には口コミが書かれているページもありますので、どの引越し業者がいいのか悩んでいる場合には、それらのランキングを比較するのもよいでしょう。

 

また費用には変わりはなくても、サービスの面で対応に変化がある場合もあるので注意しなければなりません。

おすすめ引越し一括見積もりサービス!|引越し料金で安いのはどこ?

おすすめ引越し一括見積もりサービス!|引越し料金で安いのはどこ?

 

お勧め その1 まずはここから

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

簡単に一括見積もりができて

全国160社もの提携企業の中から最安値を探せます。

 

お勧め その2 ここも抑えよう

見積もり比較で最大50%安くなることもある引越し価格ガイド

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば
驚くほど安い金額で引越しができることも。

 

お勧め その3 ここも忘れずに

業界初!ただで運ぶゾウは無料で引越し

営業電話が一切かかってこないのでわずらわしさもありません。

やり取りはすべてチャット! 値切り交渉も気楽にできます。